記事Blog

ブログ
2020.11.15

動画配信を始める上での機材の用意

「自宅ライブ!ライブ配信する上での推奨環境」1、配信用マイクマイク:AKG / LYRAクラシックなデザインが印象的なLYRAは、最新テクノロジーを搭載したUSBコンデンサーマイク。4つの集音モードが選択でき、歌のオケや使用環境に合わせて素早いセッティングが可能!簡単にプロクオリティのサウンドが手に入ります。2、配信用照明カラーウォッシャー:STAGE EVOLUTION / BUG EYE310×175×72mmのコンパクトなLEDウォッシャー。16個の3W RGB Tri LEDを搭載。DMXモード、オートランニングモード など4種類の動作モードが選べます。お部屋の壁を好きな色で染めればムード作りは完璧です!3、配信用オーディオインターフェース&ミキサーオーディオインターフェイス:FOCUSRITE / Scarlett 2i2 (gen. 3)シンプル操作がイチバン!簡単にパソコン録音ができるUSB接続のオーディオインターフェイス。フロントのツマミでサっとボリューム調整。手軽に高音質サウンドをPCに送れるビギナー・プロ問わずオススメのアイテムです ミキサー:Soundcraft / Notepad-8FXデスクトップサイズのアナログミキサー。USBオーディオインターフェイス内蔵で、MacやPCの音楽編集ソフトで簡単に録音、編集、再生ができます。ディレイ・コーラス・リバーブ機能付きのため、リアルタイムで声にエフェクトをかけることも可能です。ファンタム電源供給コンデンサーマイクにも対応しています。

ブログ
2020.11.10

livers academy その2

「配信プラットフォーム」の重要性ライブ配信での基本的な収入源は、主にリスナーからの「投げ銭」で成り立っています。配信の質や配信者への応援などさまざまな要因からリスナーがチップとして課金アイテムをライバーに送るのです。逆を言えば、どれだけ長い時間配信したとしてもこの「投げ銭」が全くなければ収入はゼロとなってしまうのです。つまり、どうやってリスナーから「投げ銭」を投げてもうかが収入に肝ということです。配信のプラットフォームによってはこの「投げ銭」にプラスして時給を出してくれるところもありますが、この時給の相場も投げられたアイテム数によって変動するので「投げ銭」は必要不可欠ということになります。「投げ銭」はチップような感覚のため、配信に盛り上がりの山を設けることが必要です。つまり、さまざまなジャンルがある中でいうと、雑談より歌やダンスといったパフォーマンスをしている配信のほうが投げられやすいということがわかります。また、配信のプラットフォームによってファンが多くいるプラットフォームから閑散としているプラットフォームもあり、配信プラットフォームの選定は大事になります。

ブログ
2020.11.03

Livers academy の開校の特徴

ライブ配信スクール「Livers Academy」の特徴についての説明をします。まず、オンラインでのライブ配信の方法を動画で学ぶことができます。1、「イーラーニングサイト」会員登録後、カリキュラムを動画にて読み進めていけるというイーラーニングサイトとなっています。自分の時間に合わせて自由に動画を見て学習ができます。2、「オンラインセミナー」講師の先生がオンラインにてウェブセミナーを開催します。カレンダーよりオンラインセミナーの予約が可能となっており、ZOOMなどでセミナーをご覧いただけます。初級編~上級編など1人1人が自由にセミナーを選べることで自分にあった学習ができます。3、「マンツーマンセミナー」複数人のセミナーでは、先生に直接質問などが出来ないため、直接先生とコミュニケーションを取れるのがマンツーマンセミナーです。講師の先生のカレンダーから予約をすることが可能となっています。「11月5日  livers academy その1」ライブ配信スクール「Livers Academy」で準備するものをご説明します。1、「配信環境」まずはライブ配信とって大事なのは環境です。リアルタイム動画配信サービスを使い、パソコンやスマートフォンを使ってインターネット経由で動画配信を行いますので、通信環境も大事になります。WIFI環境の充実や、自宅での配信の場合は近所の迷惑にならないように防音にするなど、環境を整えましょう。2、「配信機材」主にスマートフォン、パソコンを使いライブ配信を行います。スマートフォンの設定や通信速度などにより、ファンに不快な映像を配信しないためにも配信機材を整えましょう。また、スペックの高いパソコンでの配信は映像を高画質にして配信してくれるため、他のユーザーよりもより良い発信が可能となります。マイクや、照明などもこだわることにより自分を発信する際に、「プロモーション」としての役割を満たす環境作りをしていくことが大事です。